ちゃのこへのこだわり

 地域振興を第一に考え、ほとんどの材料を小谷村内の生産者・団体へ依頼しています。
 昔から小谷村では、山間地・豪雪地帯という自然環境の中、稲作のみならず様々な農作物を生産し、人々の生活を支えてきました。現代では、昔ながらの棚田や農村風景を守り、お年寄り農家でも活力ある農業=地域の活性化を目的とし、行政と地域住民が一丸となって無農薬の安全な農作物の生産を積極的に行なっています。
 その安全・安心な地域の食材をふんだんに使用し、昔ながらの作り方にこだわったちゃのこは、現代の人の口に合うように皮の硬さ・具材の味付けなど日々様々な工夫がなされながらも、伝統食としての価値を大切に守り続けています。